ホルモン剤は更年期障害の際にも使われる?

更年期障害の治療でも使用されるホルモン剤。しっかりと正しい知識を身に付けましょう。 - ホルモン剤は更年期障害の際にも使われる?

ホルモン剤は更年期障害の際にも使われる?

ytjdjdd
ホルモン剤は更年期障害の治療にも使われます。怖いイメージがあるでしょうか。とはいえ変な噂や間違った情報に流されず正しい知識を持ちましょう。そうすれば治療効果も上がります。健康な身体を取り戻せますよ。

更年期障害の原因は加齢です

まずは更年期障害に関する正しい知識を持ちましょう。基本的な原因は、加齢に伴うホルモン分泌量の低下です。女性であれば、閉経によってエストロゲンの分泌量が急減します。何事も急激な変化は危険です。
閉経時には、脳と卵巣との間で争いが生じます。脳は女性性を維持するためにエストロゲンの分泌を促します。とはいえ卵巣の働きが加齢によって衰えているので、それは無理な相談です。この話し合いがスムーズに解決できないと、自律神経系が乱れます。

主な症状は体温調整機能の低下です

主な症状として第一に体温調節機能が低下します。そのためのぼせやほてり、夏なのに冷え性、冬なのに大汗をかくことも稀ではありません。さらに循環器系にも支障が現れ動悸や息切れも起こります。
精神的にもイライラしますね。最悪はうつ病などの精神性疾患に至ることです。そうなる前に適切な治療を受けましょう。

若年性更年期障害もあります

若いからといって油断してはいけません。更年期障害は、中高年だけの病気ではありません。逆に昨今は20歳代の女性でも、似た症状を示す人が増えています。
最も心配な原因は、無理なダイエットです。栄養バランスが崩れるので、臓器が十分に発達しません。女性ホルモンが作られず月経不順、逆に不正出血なども起きやすいようです。
無月経状態や生殖器官の不調を放置していると、30歳代でも閉経する事例があります。早めに対応しましょう。

男性にも更年期障害はあります

更年期障害はホルモンバランスが関係しています。ならば男性であっても起きる可能性が否めません。実際に最近は男性でも更年期障害を訴える患者さんが増えています。
もちろん男性ならば認めたくないですね。変なプライドもあります。とはいえそれが症状を悪化させてしまうようです。加齢に伴う男性機能の低下も、精神的に追い詰める要因です。

悪化しにくい人の特徴は

hhtrys
更年期障害は誰でもなり得る病気です。とはいえ個人差が大きいようです。例えばどのような人が罹りにくい、または悪化しにくいのでしょうか。
女性で言えば、専業主婦よりも外で仕事をしている人の方が、悪化しにくいようです。諸説ありますが、気を紛らわせたり同僚と愚痴を言い合うなど、ストレス解消ができるからのようです。
また気持ちの問題も影響します。つまり楽観的な人は、罹ったとしても重症化しません。そもそも気持ちが沈むと自律神経系が乱れがちです。精神性疾患に多い状態です。
自分は病気であると認めることも、悪化を防ぐ方法です。自覚することから治療は始まります。身体も前向きになり、治療効果が上がります。

生活習慣の改善が一番です

更年期障害の治療法は様々あります。軽症のうちに対処すべきです。つまり初期状態であれば、生活習慣の改善によって緩和させることができます。第一には栄養バランスを見直しましょう。
また適度な運動は、自律神経系を落ち着かせる効果があります。紫外線を浴びることも身体のサイクルを正すことに貢献します。さらにストレス解消を努めることが、脳をリラックスさせてくれます。

ホルモン剤による治療は保証付きです

更年期障害の治療には、ホルモン剤が有効です。つまりホルモン分泌量が足りないから体調が悪くなります。それを助けるのがホルモン補充療法です。理に適っていますね。
そうした方法があることを知るだけでも治療効果は変わってきます。医師にすすめられたなら、ためらわずチャレンジしてみましょう。正しく使用すれば効果は保証付きです。

恐れずに使ってみましょう

ホルモン剤に対する怖いイメージがありそうです。とはいえ恐れずに使ってみましょう。もちろん素人判断はいけません。それこそが症状を悪化させる原因です。医師の指示に従いましょう。

ホルモン剤情報
Copyright(C)2016 ホルモン剤は更年期障害の際にも使われる? All Rights Reserved.